UiPath StudioXの使い方|顧客データ登録の自動化デモ(RPAチャレンジ)

IT・テクノロジー

じゃりてんです。

今回は「RPAチャレンジ」のお題の1つである、
「顧客データ登録の自動化」のサンプルをご紹介します。

使用するツールは『UiPath StudioX』です。

デモ動画もあるのでご覧ください。

RPAチャレンジ~顧客データ登録~

チャレンジするサイトは下記です。

Rpa Challenge

お題

The goal of this challenge is to create a workflow that will input data from a spreadsheet into the form fields on the screen.

Rpa Challenge( http://www.rpachallenge.com/

お題のゴールは上記WebサイトのインプットフィールドにExcel顧客データを入力し、
1件ずつ登録をしていくというものです。

基本アルゴリズム

Excel顧客データは「名前」、「会社名」、「住所」などの個人情報を示すカラムがあり、
顧客データは全部で10行用意されています。

Excel顧客データから一行ずつ各カラムデータを抜き出し、
その足でWebサイトに入力していくアルゴリズムにします。

下準備

1.顧客データを下記のフォルダパスに保存します。

"C:\Test\challenge_ja.xlsx"

実装

基本形はこんな感じで組み込みます。

『Use Excel File』>『Use Browser IE』>『Excel For Each Row』の構造です。

そして 『Excel For Each Row』の中に繰り返す処理を配置します。

ここでは各入力フォームに、
「顧客データを1つ1つ入れていくという処理」と
「登録ボタンを押す」という処理になります。

ちなみに入力画面はこんな感じです。

Rpa Challengeの入力フォーム

StudioXのポイント~カラムが選択しやすい!~

変数を使うのが慣れていると、
却って使いずらさを感じてしまうのですが、
先ほどの繰り返し入力の中身をどのように作ったかを説明します。

1.「Excel For Each Row」のIn rangeメニューで読み込みの範囲を指定

In rangeの+ボタン>Excel2(私の場合は)>Indicate in Excelで
Excelの画面が自動で開きます。

カーソルで範囲をドラッグしましょう。
この時、カラムを含めて範囲を選択します。

2.繰り返し読み込むカラムの指定

In rangeの下の「Has headers」にチェック入れておきます。
こうすることでカラム名を次の画面で使うことができます。

1つ目のフィールドの値(苗字)は
Type thisの+ボタン>CurrentRow>苗字で選択できます。

これは便利ですね!

同様の手順で「名前」や「会社名」以降も実装していきます。

StudioXのポイント~アンカーが選択しやすい!~

画像のように「Type into」アクティビティの
入力フィールドを緑色の枠で指定します。

これはマウスでポチっとやるだけです。

次にアンカー
「今さっき入力箇所と決めたフィールドってどんなフィールドですか?」

「First Name」です。(<==これがアンカー情報になります)

こうすることで入力場所に迷うことなく、
確実にFirst Nameフィールドに苗字を入れることができます。

サンプルデモ

結果は100点
時間はType intoのデフォルト設定なので若干遅いですね。

サンプルのデモ動画です。

以上、UiPath StudioXの使い方でした!

ブログでは他にもStudioXにまつわるTipsを紹介しているので是非ご覧ください

タイトルとURLをコピーしました