Oculus quest|最小スペック以下のPCでOculus Linkが使えるかどうかを検証してみました!

IT・テクノロジー

じゃりてんです。

Oculus questを買ってから、
ずっとOculus Linkを使いたいと思っていたのですが、
手持ちのPCが最小スペックすら満たしていませんでした。

そんな状況で強引にOculus Linkを有効化し、
Rift Sの環境で遊んでみました!

そもそもRift Sとかquest、Oculus Linkって何ぞやというところから、
Oculus Linkを使うために必要なもの、
スペックを満たさないPCでの動作具合がどんなものかをご紹介します。

そもそもOculus Rift SとOculus questの違いとは

「Oculus Rift S」はPC接続型VRゲーミングで、
「Oculus quest」はオールインワン型VRゲーミングです。

「Rift S」を動作させるためにはVRヘッドセットの他に、
そのVRを動かすためのPCが必要になります。

「quest」はVRヘッドセットだけで遊ぶことができます。

これだけ聞くとquestのほうが良さげに聞こえますが、
Rift SはPCをエンジン代わりに動かす分、
questよりも綺麗な映像でプレイできたり、
questには対応していないアプリも遊ぶことができます。

詳細は公式サイトをご覧ください。

Oculus Compare Headsets | Oculus
There's an Oculus headset for everyone. Compare and see which headset is right for you. Choose from the Oculus Quest 2, Oculus Quest, and the Oculus Rift S.

Oculus Linkとは

Oculus Linkとは、Oculus questのベータ機能です。
別売りのケーブルを用意し、PCと接続することで、
なんとのRift Sの環境でプレイできます!

例えば、Rift Sに「Google Earth VR」というゲームがありますが、
こちらはquestではプレイすることができません。

Google Earth VR
Google Earth VR

Oculus Linkを使うために用意するもの

最小スペックを満たすPC

「Rift S」はPC接続型のVRのため、動作スペックを満たしたPCが必要です。

OculusのWebサイトに「Rift S」を接続するPCの推奨スペック・最小スペックが載っています。

Oculus Rift S: VR対応PC用のVRヘッドセット | Oculus
Oculus Rift Sは、Oculus史上最も高度なPC接続型ゲームVRヘッドセットです。改良された光学系、トラッキング、人間工学に基づく設計で、優れたVRゲームを体験できます。

下記は「Rift S」のスペックにじゃりてんPCのスペックを並べて比較したものです。
グラフィックカードのスペックが足りていませんでした。

推奨スペック最小スペックじゃりてんPCのスペック
グラフィックカードNVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上NVIDIA GTX 1050Ti / AMD Radeon RX 470以上×:NVIDIA GeForce GTX1050 / 2GB
代替可能なグラフィックカードNVIDIA GTX 970 / AMD Radeon R9 290以上NVIDIA GTX 960 / AMD Radeon R9 290以上
CPUIntel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上Intel i3-6100 / AMD Ryzen 3 1200、FX4350以上○:Intel i7-7700
メモリ8GB以上のRAM8GB以上のRAM○:16GB
ビデオ出力DisplayPortTM 1.2 / miniDisplayPort (アダプター同梱)DisplayPortTM 1.2 / miniDisplayPort (アダプター同梱)
USBポートUSB 3.0ポート1つUSB 3.0ポート1つ
OSWindows 10Windows 10

ヘッドセットケーブル

Oculus Linkを使うためにはPCとOculus questをつなぐケーブルが必要です。

Oculus questにはヘッドセットケーブルが付いていないので、
別途購入する必要があります。

Oculus Questアクセサリ・パーツ | Oculus
必要なすべてのOculus Questアクセサリや交換用パーツをご購入いただけます。携帯用のケース、ヘッドホン、コントローラー、接顔パーツなどを取りそろえています。

少々お高いのが難点です。

じゃりてんはAmazonで下記のケーブルを買いました。
実際に接続できることは確認済みです。

Anker USB Type C ケーブル PowerLine USB-C & USB-A 3.0 ケーブル Xperia / Samsung Galaxy / LG / iPad Pro MacBook その他 Android Oculus Quest 等 USB-C機器対応 3.0m ブラック

新品価格
¥1,199から
(2020/5/9 20:23時点)

USB3.0規格のポートに差さないと、
ケーブル接続を認識してくれないので要注意です……!

PCスペックを満たさない場合はどうなるか……

じゃりてんの場合はOculus LinkでRift Sの環境を使うことができました。

先に挙げたアプリ「Google Earth VR」でも遊べます。

ただ、Rift Sのホーム画面でブラウザ・エクスプローラを開きまくったり、
メニューのズームイン・ズームアウトを繰り返していたら、
たまに視界が見切れたり、コントローラが正しい位置をさせなくなったりといった軽微な変化はありました。

Riftがどんなものか興味あるという軽めの気持ちで遊ぶのであれば、
接続するために必要な条件さえ満たしていれば、全く問題はありませんでした。

USB3.0規格のポートがあって、
かつ少し良いPCを持っているという方は1,000円くらいのケーブルを買えば検証できるので、
是非お試しください……!

Anker USB Type C ケーブル PowerLine USB-C & USB-A 3.0 ケーブル Xperia / Samsung Galaxy / LG / iPad Pro MacBook その他 Android Oculus Quest 等 USB-C機器対応 3.0m ブラック

新品価格
¥1,199から
(2020/5/9 20:23時点)

タイトルとURLをコピーしました